Nagasyo blog

追うべき数字2015.05.17

みなさま、お元気様です。

先日、感動美容室のラポットカンパニーという会社の伊藤豊社長の話を聞く機会がありました。

その中でスタイリストさんが「自分の成長のためにチェックするべき数字」というお話がありました。

新規のお客様の数やその月の総客数、単価や売上金額など、成果を追いかける我々も同じで、よくわかる項目もあるのですが、勉強になったのは、

「失客数」や「紹介客数」、後は、その月に何冊勉強のために本を読んだかという「本の冊数」、後輩指導のために使った時間が「技術に対して何時間」、「心に対して何時間」とまとめるようにされている点です。

伊藤社長は、長年美容師さんを研究されていて、成長する美容師さんの特性を数字に落とされているのです。

「失客」をつかんでおくことは、自分の仕事に何か問題があったかどうかを知ることになるし、「紹介」は、自分が担当したお客様が満足・感動しなければ生まれることはありません。

そうすることで、ひとつひとつの施術(技術)が変わってくるでしょうね。

本を読む人は伸びる。
自分のことばかり考える人ではなく後輩の指導もできるようにならなければ、成長はままなりません。

単なる「売上」や「利益額」だけではなく、「人の成長」を基軸にした「数字」をしっかりと追い続ける。

どの業界にも必要なことだなのだと感じました。

「お客様にお手紙を書いた数」
「お客様からお手紙を頂いた数」
「掃除をした時間」
「いちばんに出社した回数」など・・・

成長するためにチェックすべき項目はいろいろありそうですね。

 

顔晴ろーーー!
楽しもーーー\(*⌒0⌒)♪
今ココ全力!永井健之(N.Takeshi)

Copyright © 2011-2018 Nagasyo All Rights Reserved.