Nagasyo blog

魅力ある人2015.05.24

みなさま、お元気様です。

週末商戦!社員のみなさんが頑張ってくれています。

チームに体調不良者がいる中でも、サポートしあいなが、支えあいながらみんな一致団結して目標に向かってくれています。
体調不良でも他の仲間にためにも頑張ってくれている仲間もいます。

そんな中でしっかり目標を見失わずに素晴らしい成果を生み出してくれています。

本当に魅力ある仲間がNagasyoには溢れているな~ってスゴク嬉しく思います。

昨日は、感性論哲学の学びの中で、みなさんのような”魅力ある人”になるためには、『個性』か『人望』のどちらかが必要であると教えてくれました。

魅力的な『個性』とは、そこにその人がいるだけで明るくなったり、存在感を感じたりする人のことで、生まれ持ったカリスマ性のみたいなもので、天性や天賦の才のような感じですから努力で手に入れるのは難しいそうです。

対して『人望』は、自信と謙虚、感謝と謝罪の2つの対を成す原理から生まれてくるものだそうです。

自信満々!だけでは”自己中心”になりがちです。そこに必ず謙虚さが伴わなければならない。
自信があり、結果を残す人が謙虚だからこそ素晴らしい人だと思えますよね。反して、自信がなさそうで謙虚だけだと、こびへつらう感じで、慇懃(いんぎん)無礼となり、逆に嫌な感じを与えかねません。

また、感謝することがあっても、自分の短所から意識的、無意識に関わらず相手を傷つけたり、仕事などで失敗したことに対して立場や役職を越えて素直にごめん」といえる謝罪力がなければ、感謝の言葉を伝えても、どこか傲慢だと思われるかもしれません。

『カリスマ性』が自分には少ないな~と思うのであれば、人から尊敬され、親しまれる『人望』を得ることが本当の意味で魅力的な人になる方法だと教えて頂きました。

私達は【性格+人格】という、『格』を通して人間関係を日々構築しています。

性格は50%異常は遺伝です。なので努力しても自分ではつくれるものではありません。

しかし、人格は自分で創りだすものです。

人間関係をよりよくしていく、『人格』を上げるためには、

『謙虚、成長意欲、愛』であり、

『人格』を磨くためには、

三次元(高さ、大きさ、深さ)を理解しし、器、度量、包容力、統率力を意識してつくること

だそうです。

魅力ある人が魅力あるお店をつくり、魅力ある会社をつくります。そのためにも、僕はもっともっと魅力ある人になるために頑張ろうと思いました。

 

顔晴ろーーー!
楽しもーーー\(*⌒0⌒)♪
今ココ全力!永井健之(N.Takeshi)

Copyright © 2011-2018 Nagasyo All Rights Reserved.