Nagasyo blog

”いい”会社2015.07.02

みなさま、お元気様です。

「もっといい会社をつくりたい」
「もっといいお店をつくりたい」
「もっといい接客をしたい」
「もっといい人間関係を構築したい」
「もっといい生活をしたい」

「いい会社」「いいチーム」「いい仲間」「いい人」。
僕たちは、よく「いい」という言葉を使いますよね。

「いい」という言い方は、「良い」というより日常的で、どこか普段着の言葉という感じがするので僕はけっこう好きです。

また、「いい仲間だな~」という時の「いい」の中には、何か、相手を思う優しさや思いやり、あるいは、本気で仲間を心配する友情のようなものを想像しますがいかがでしょうか。

「いい人だな」という時は、自分のことを忘れて他人のこと一生懸命考えてくれる人のイメージだと思います。

では、みなさん、

「いい会社」という意味を聞かれた場合、どのようなイメージが湧いてくるでしょうか?

賃金が多く貰え、休みが多いことががいい会社だという人もいるかもしれません。

世間に名前が通っていて、何万人もの従業員がいる会社に就職したなら、「いい会社に入れてよかったね」と言われることもありますだから、有名なことが「いい」というだという方もいれるかもしれません。

僕は、「いい会社」をイメージする時に浮かんでくるのは、「いい仲間だな~」という時のそれと似ています。

「いい」の中には、規模とか有名か無名かとかは全然関係なく、その会社にいる人間同士が、家族のような絆で結ばれていて、同じ目的に向かって進んでいる。

仲間だから何かあったら当然、心配し、助け合う。
一人ひとりが自立し、悪いことは悪いと言い合っている。

「いい会社」から浮かぶイメージはこんな感じです。
いかがでしょうか。

もちろん、「いい会社」は、ただ人間関係がいいというだけではなく、地域の役に立つことを一生懸命していたり、業績が良く安定しているということも大切な条件です。

ただ、僕は「いい」という言葉の中には、どうしても

「人が幸せに働いている」

というイメージが頭に浮かんできてなりません。

皆さんは、「いい会社」と聞かれたなら、どんな会社が浮かんでくるでしょうか?また、皆さんがめざす「いい会社」ってどんな会社でしょうか?

一度考えてみてくださいね。

 
顔晴ろーーー!
楽しもーーー\(*⌒0⌒)♪
今ココ全力!永井健之(N.Takeshi)

Copyright © 2011-2018 Nagasyo All Rights Reserved.