Nagasyo blog

国家観2015.07.09

みなさま、お元気様です。

昨日のMailにも報告いたしましたが、一昨日は金美齢氏の素晴らしい講演を聞くことができました。

金美齢氏詳細:
http://www.kin-birei.com/

テーマは、

『これからの日本のあるべき姿』

でした。

講演の最初に金氏はこう言われました。

「多くの問題を抱えている今の日本は自信を失っている。また、自信を失っている日本人が多い。自信を失っている人の周りには人は集まらない、また応援もされず、エールを送られることもない。今を生き抜く人間にとって最も必要なことは、『存在感』である。」

と言われました。

そして存在感を高めるためには、

『made in Japanに回帰せよ!』

を常に意識することだとおっしゃっていました。

数年前、中国との価格競争で今治が中心となってきたタオル業界に大きな衝撃が走り、価格競争という枠の中ので戦ってきた多くの企業は残念ながら淘汰されていきました。

僕の知っている会社もたくさんなくなりました。

また、韓国との価格競争で造船業界にも大きなダメージがあり、今治の造船業も一時期危ない・・・ともささやかれました。

それから数年たち、安い中国産のタオルの質の悪さに人は嫌気がさし、中国の人でさえ自国のものを一切買わず、日本に来て爆買をはじめています。

また、韓国製の船も故障が相次ぎ、大きな事故が続いていて、この数年は日本の造船技術の高さを改めて世界に証明したことになりました。

「Made in Japan!の強みは高い品質であり、繊細さであり、人への優しさ(ホスピタリティ)である・・・世界の中の日本のモノづくりやサービス(ことづくり)は今や芸術の域に達している!」

という金氏の言葉は、世界を駆け巡る人だから余計に説得力がありました。

講演を聞きながら、あらためて先人たちが時間をかけて培ってくれた日本という素晴らしい国の『価値観』や世界からの『信用』に感謝することができました。また、日本人として生まれてよかった~!そう感じることができました。

そんな誇りを持てる日本人を自覚しながらて、元気をなくしている多くの目の前の人(仲間)に、私たちは仕事を通して、価値と感動を伝え、一人でも多くの人に元気なっていただくことができたならば、日本のために、世界を変えることにつながると思いますがいかがでしょうか?

私たちは個人で小さな小さな力かもしれませんが、世界と繋がる最小単位であることには間違いありません。

大好きな日本のために、世界中に日本の底力を見せつけ、世界のあちこちで起こっている自己中心的な考え方から起こる対立や戦争をなくしていくためにも、『国家観』を抱きながら志事をしていきたいものです。

講演を聞いて、私たちの志事は日本を元気にし、世界を変える第一歩だと確信しました。

共に地域を活性化させ、日本を、世界を変えましょう!

 

顔晴ろーーー!
楽しもーーー\(*⌒0⌒)♪
今ココ全力!永井健之(N.Takeshi)

Copyright © 2011-2018 Nagasyo All Rights Reserved.