Nagasyo blog

意識を変える2015.07.28

みなさま、お幸せ様です。

CCL-EX2日目です。
これでもか~これでもか~というくらい学びの雨が降り注ぎます。

新しい学びを得ることで、いままで無自覚だったことに”意識”することができるようになります。

意識をすることではじめて行動するようになります。
行動することではじめて結果にコンフロント(直面)することができ、乗り越えたり、さらなる挑戦ができます。
そして、決めた行動を継続することで自分自身が成長することができ、自分の成長を自分自身で実感することができ、自分を心から尊重できるようになるのだと思います。(自己肯定感)

何に意識するか!
で、生まれてくる意味と価値が変わるんですね。

そんな中で研修の仲間の会社の社員さんがこんなことを言っていました。

「自分は先輩としてふさわしくない」

そう言っていました。

話を聞くと、先輩として自信を失うような体験があったようです。

その言葉に反応し、少し考えてみました。

そもそも、先輩としてふさわしいとかふさわしくないとかそれは誰が決めるのでしょうか?

言い放った後輩でしょうか?

違いますよね。

それは、「自分自身」つまり本人です。

その社員さんはひょっとして誰かに何か自信を失うことを言われたり、出来事があったのかもしれませんが、ふさわしくないと決めたのは自分です。

例えば、孫正義さんが誰かに

「あなたは経営者としてふさわしくない」

と言われたとしすると、その時、孫さんが、

「そうかぁ~俺は経営者としてふさわしくないのかぁ~。経営者をやめた方がいいのかなぁ~」

と思うと思いますか?

1ミリりも想像できませんね。

では、どうして、孫さんのような人はふさわしいと思えるのでしょうか?

それは、

【 思い込み 】または、【錯覚】

です。

思い込んで、自分が最高の上司だと思い込んでいる人は、誰かにふさわしくないなんて言われても心がゆらぐことがありません。

自分は史上最高の経営者だと錯覚している人はたとえ誰かに経営者としてふさわしくないと言われても、ただいま成長中と言って心が折れません。
(僕です・・・笑)

結局、自分に対してプラスの思い込みをもっているかどうかです。

であれば、勝手にいい思い込みをしたらいいのです。

人にバカにされようが、誰からも認められなくても、そんなことは関係ないのです。
いい思い込みをしていれば現実は勝手についてくるのだと思います。

そして、僕もそうですが、なかなかプラスの思い込みを持てないな・・・そう感じる人は、少しだけ昨日とは違うことに”意識”を向け、行動をしてみることで自己肯定感を手に入れられるかもしれません。

”意識”を変えることからはじめてみて、行動することできっと何かが変わります。
お互い頑張りましょう。

 

顔晴ろーーー!
楽しもーーー\(*⌒0⌒)♪
今ココ全力!永井健之(N.Takeshi)

Copyright © 2011-2018 Nagasyo All Rights Reserved.