Nagasyo blog

お役に立とう2015.07.29

みなさま、おはようございます。

CCL-EXから無事戻ってきました。

応援してくれたり、睡眠不足を心配してくれたり・・・
さまざまな心強い応援メッセージありがとうございました。

無事に卒業することができました。
この学びをNagasyo全体の業績アップや、Nagasyoのみんなが少しでもプラスになるように努力していきます。

ありがとうございました。

さて、話は変わりますが、先日、ある人のお祝い品を買おうと思い、松山の百貨店の子供用品売り場に行きました。

普段なかなかこういう場所に行かないので、どこに何があるかわかりません。

お祝い品のイメージはあるのですが、何が良いか迷っていたので、売り場の女性に相談しました。

すると、その人は、迷っている僕の立場になって、親身にお祝い品のことを一緒に考えてくれまました。

ここまでなら良くある話なのでしょうが、僕がとてもいい気持ちで買い物ができた理由は、その人が醸し出す自然体な接客のおかげだったのだと思います。

売り手と買い手という感じではなく、友達のような立ち位置から一緒にモノを探してくれ、あれやこれやと心配してくれるのです。

売ってやろうという気配は一切ありません。

「売る」というプレッシャーから離れた接客というんでしょうか。

その心地よさにすっかりハマってしまい、予算以上の買い物をしていました(笑)

百貨店で良く感じるのは「売ろう」という気持ちが全面に出る接客。

ロクなアドバイスもしないのに、後ろからついてきて何を手にするかをじっと監視されているような・・・

そして、商品に手をかけた瞬間に、「あ~、それ今の流行ですねぇ」とかの声をかけてくる・・・

よくある販売マニュアルに沿った対応ですね。

僕の周りの人や友人に聞いてみても、みんなこの雰囲気が好きじゃないと言っているのに、まだ、この雰囲気はいろんな販売の現場に存在します。

僕は「販売目標」や「ノルマ」ということが、販売員さんを売り手志向の気持ちにさせてしまう最大の原因だと思うのですが、やはりこれはなかなかなくなりません。

なくせるものならなくしたほうが現場の空気は変わるはずですが、我々は、キャリアからの目標や評価基準がありますので、それを超えるべく、日々数字のことに意識が向いてしまいがちです。

なので、数字意識先行をなくせにくいのならば、自分の接客の時だけは、”数字先行からお客さまの安心や喜び先行”するような、お客さまの気持ちに心を寄せることを「意識」するということはできないものでしょうか。

「売ろう」ではなく「このお客様のお役に立とう」という気持ちでその場に向かい、身だしなみや笑顔や挨拶や傾聴を駆使して心地よさも伝えていく。

こんな気持ちがお客様に伝われば、結果として売れていくのではないでしょうか。

世の中のお店が全部こうだと、幸せなコミュニティが生まれると思いますが、みなさんはどう思われますか?

 
顔晴ろーーー!
楽しもーーー\(*⌒0⌒)♪
今ココ全力!永井健之(N.Takeshi)

Copyright © 2011-2018 Nagasyo All Rights Reserved.