Nagasyo blog

新しい気づきを楽しく伝えられる”場”をつくろう2015.08.02

みなさま、お元気様です。

8月に入って一気に暑さが↑↑ですね。
熊谷とか埼玉では38℃のところもあったそうですね。

イベントを頑張ってくれているはもとより、室内でも熱中症にかかるらしいので細目に水分補給しながら体調管理をお願いしますね。
さて、私たちは目的をもって毎日徳目朝礼を行っています。

朝礼にはテーマ(8月は人が育つ会社にしよう!)があり、毎週テーマにそった質問があります。

一つのテーマにそって、質問の答えを考えて、発表し、承認しあいながら朝礼を行っていますが、できれば、その朝礼も会議のような堅苦しい雰囲気ではなく、

「どんなことをしゃべってもいいんだよ」

というリラックスした雰囲気で、それぞれが意見し感想を語り合ってみるような和気あいあいとした雰囲気の“場”が大切だともいますがいかがでしょうか?。

そんな場の話し合いから、いろんな気づきが生まれてきます。

そもそも人に何かを話すということは、緊張するものです。

初対面であればなおさらです。

「良いことを言わなければ」

「論理的に話さなければ」

「しっかりとしゃべらなければ」

緊張した場所では、どうしてもこんな気持ちが先にたち、心の中にある「あいまいなこと」は閉ざしてしまいがちです。

でも、その心の中に生まれた「あいまいなこと」の中に、これまでにないアイディアや解決のヒントとなるものがあることも多いものだと僕自身の経験からそう感じます。

過去の言葉で表すことができないから、”新しい気づき”だということだと思いますがいかがでしょうか?

そんな「あいまいなこと」を臆せず話せるようになるために、「何でも言える雰囲気」、つまり、リラックスした場の雰囲気がとても大切なのです。

「あいまいなこと」でも人に話してみると、輪郭がはっきりしてくることもあります。

また、人の話の中に、自分の言いたかったことを発見することもあります。

人に話をしたら想いが明確になってきた・・・
なんていうことは皆さんも経験があるのではないでしょうか?

感謝をたくさん受け取った後や感動したときは言葉では表現しにくい思いが心の中にいっぱい生まれてきます。

あいまいなことでもOK。

思いついたままのことでOK。

心に感じたことを話し合ってみるといつもとは違う、新しい発見が生まれてくるものだと思いますがいかがでしょうか?

さあ、8月!
ロケットスタートでいきましょう。

 

顔晴ろーーー!
楽しもーーー\(*⌒0⌒)♪
今ココ全力!永井健之(N.Takeshi)

Copyright © 2011-2018 Nagasyo All Rights Reserved.