Nagasyo blog

語り合い、学び、つながりあう2015.08.04

みなさま、お元気様です。

日々猛暑が続きます。
健康には十分気を付けて下さいね。

さて、昨日は、理念と経営の経営者の会で司会ファシリテートをさせてもらいました。

学びの場を楽しんで、皆さんが笑顔になって帰っていかれることは本当に嬉しいことです。

でも、逆にいえば、今の世の中、こんな風に自分の会社以外の人と気楽に話し合ったり、学んだり、友達になったりできる場がいかに少ないのかということかもしれません。

同じ気心が知れた仲間とだけ食事に行く・・・という人もいますが、そんな同僚と飲みにいく機会も減ってきたという昨今、

気がついたら会社と自宅の往復ばかり・・・

という風な人も増えているんではないでしょうか。

同僚との話し合いも少ないのに、ましてや他業界の人と話し合って悩みを交換したり、自分が話したかったテーマで議論することは、普通ではなかなか体験することはできません。

こういう経営者の会や例会など、そんな機会が毎月あることにあらためて感謝の気持ちですが、今の多くの日本人は忙しさの中で余裕がなくっているんかもしれませんね。

忙しい・・・

文字では心を亡くすと書きますので、日々の業務に埋没せず、勉強会などに参加して常に心の健全度を高め、目的意識を持ち続けることが必要だということかもしれません。

ところで、ヨーロッパには昔から「カフェ文化」というものがあるそうです。

街角のテラスでお茶を飲みながら、知らない人同士が文学の議論をしたり、日常会話を楽しむ。そんな楽しみを求めてたくさんの人が集ってきたのが始まりだと言われています。

日本にはそんな文化はありませんが、居酒屋が流行っているのも、仲間同士で「語り合いたい」というニーズが根強くあるからだと思います。

僕たちNagasyoの社内勉強会(社内勉強会というネーミングが固くて違和感がありますが・・・)が、私たちの町のカフェのような役割を果たせてけるくらいに進化したとしたら、みんなが集まるコミュニティになったとしたら・・・それは嬉しいことですし、考えるだけでワクワクしませんか。

それはさておき、もし「語り合う」というのが人間の本質的なニーズだとしたなら、職場の中に「気楽に話せる場」をつくっていくことが会社を元気にする良い方法だと思いますがいかがでしょうか?

誰かが自分の意見を聞いてくれる、お互いがわかりあえる。

たったそれだけのことです。

「つながり」は人を元気にしていくことを僕たちはNagasyoのみんなは既にそれに気づいています。

素晴らしいコミュニティを、この職場から意識してつくっていきましょうね。

 
顔晴ろーーー!
楽しもーーー\(*⌒0⌒)♪
今ココ全力!永井健之(N.Takeshi)

Copyright © 2011-2018 Nagasyo All Rights Reserved.