Nagasyo blog

自立・自律2015.08.08

みなさま、おはようございます。

今日から週末イベントです。
暑いので十分体調管理に気を付けて頑張っていきましょうね。

さて昨日、重見部長から評価調整会議の準備することや日程スケジュールのわかりやすい詳細アナウンスがありました(重見部長ありがとうね^^)が、今回はあくまで練習であることを理解してくださいね。

これが何かの評価に繋がるということは全くありませんので安心してくださいね。

ただ、練習だから適当に・・・では真の練習になりませんので、特に自己評価や360度双方向評価については真剣に向き合ってみてくださいね。宜しくお願い致します。

というのも、こういった仕組みや規則や制度、あるいはシステムやツールがどんなに優れていても、結局使うのは私たち人間です。

私たちが真剣に向き合ったり、みんなが”もっとよくしよう”と強く思わない限り、結果的にいいモノやいい結果を生み出すことはできません。

それは、仕組みや制度、規則、システム、ツール、あるいは誰かに”依存”しているからだと思います。

依存とは、

誰かにもっとよくしてもらいたい・・・
何か、自分に都合がよいことになればいいのに・・・

そう考えることです。

そして、依存しても結局は自分の想い通りなんてはなりません。

なので依存する人は、不満が生じイライラし始めますが、行動せずに依存することはかわりないので、さらに不満度が高まります。

また、不満を持ち続けることはフラストレーションが溜まったり、一人で不満を持つのが不安になるので、それを解決させるために、自分を正当化させながら、不満を周りにまき散らしながら、無意識に同じ不安の仲間を増やそうとし、不満の矛先を思い通りにならない仕組み、制度、組織、時には一生懸命に頑張って成果を生み出そうとする仲間でさえも否定し始めるのです。

安い居酒屋で、そんな場面によく出くわしますね(笑)

依存→不満→愚痴→不安→自己正当化→マイナス仲間作り→傷のなめあい→自己満足→何も生み出さない(自分も周りも不幸)

依存のスパイラルはとても悲しいですね。

『行動こそ真実』

普段一生懸命に行動しないで、困った時だけ神仏に祈る人がいます。
また、日々努力もしないで一攫千金の夢を追って、宝くじやパチンコなどのギャンブルに走る人もいます。

それぞれの生き方なので否定したり、その良し悪しを評価するつもりは毛頭ありませんが、神仏に依存したり運に依存することで本当に幸せをつかんだ人を僕はあまり見たことがありませんし、どちらかというと、やはり依存する人は、思い通りにならないことで不平や不満を持ち、愚痴や文句を言い続けている人が多いと感じます。

みなさんは、高額宝くじが当たった人でも、その多くの人は離婚したり、家族離散になったり、人を信じれなくなる心身の病気になったり、人間不信に陥ったり、結果不幸になっている事実をご存じですか?

モノやお金を手にすることだけが幸せだと思い、それを手にすることが生きる目的(人生の意味と価値)となることはとても悲しいことですが、それを手にすることにも依存しているというがもっと悲しいことなのだと思います。
では、依存の反対語(対義語)は何でしょうか?

そうです(^^)

『自立』です。または『自律』ですね。

自らを律し、自らが立つということです。

愚痴や文句や不幸に繋がる結果になる依存を捨て、『自立、自律』することを意識して行動することが、幸せを手にする近道であり、唯一の方法(原理原則、本質)であると思いますがいかがでしょうか?

なのでみなさん、依存して文句を言ってる時間(暇)があれば、それに気づき、自立・自律して行動してしまった方がゼッタイいいですよね。
今回の評価調整会議は社長や専務がつくるものではありません。
部長や店長や課長だけがつくるものでもありません。

チームNagasyo全員で自律・自立的に創り出すものだということをしっかり理解してくださいね。

練習にも真剣に向き合って、一緒に最高のいいものをつくり上げましょう。

 

顔晴ろーーー!
楽しもーーー\(*⌒0⌒)♪
今ココ全力!永井健之(N.Takeshi)

Copyright © 2011-2018 Nagasyo All Rights Reserved.