Nagasyo blog

避けようとすると余計辛くなる2015.08.14

みなさま、おはようございます。

先日、偶然立て続けに20代一緒に仕事をした上司にあったり、27歳の時に一緒に出資した仲間と偶然会い昔を思い出しました。

僕は今、偉そうなことを言っていますが、10代、20代の頃はできるだけラクな仕事がしたいと思い、職をいくつも変わりました。

皆が知る大企業に勤め、大企業では自分の努力が認められにくい・・・そう思い小さな地元の企業に入社すれば家族経営の適当さに腹が立ち、中規模(社員1000人くらい)の会社

では役職を与えられますが多忙を理由に・・・そして仲間3人と一獲千金を想像し、実用新案(特許みたいなもの)を取り、一獲千金を夢見ながら小さな会社をはじめますが鳴かず飛ばずで・・・

どれも仕事をしている間は惜しまれるくらいに全力で仕事に向き合い、結果も残していましたが自分の思い通りにならないことにいつも不満を持ち、辞めていきました。

しかし、今考えれば職を転々とする中で痛いほど痛感したのは、結局自分が嫌だと思うことを避げようとすると、それはますます自分にとって恐怖の対象となり、結果生きるのが辛くなるということでした。

仕事というか、世界の中心が自分中心に回っていないことに腹を立てていたので、顔では頑張ります的な演技をしますが、本当は嫌なことや面倒なことはやりたくありませんでした。

つまり、人がどんなに大変でも、自分だけは楽な人生を手に入れたかったのです。

たとえば、 『できるだけお客さんと関わり合いたくない』とも思っていました。

それはクレームを受けることがあるからです。

怖い人間から罵倒されたり、暴言を浴びせられるのだけは絶対に嫌だ。
自分が苦手とする仕事は絶対にやりたくない。

いつもそう思っていました。

しかしそんな仕事ってありませんけどね(笑)

怖い人間・・・それは相手がお客さんじゃないだけで、上司かもしれないし、先輩かもしれない。
それは会社に入ってみるまでわかりません。

そう考えるとますます怖くなります。

嫌だ。逃げたい。と思えば思うほど、それはますます僕の中で恐怖心を増していく存在になりました。できるだけ避けようとしているのに、どんどん追いかけてくるのです。

『避けようとすると余計辛くなる』

嫌なことや辛いことを避けたいと思うようになると、それらがどんどん怖くなります。

そして気がつくと、人生の中でその恐怖の対象物に遭遇しないように生きなければならなくなっていました。

これはかなり辛いことで、かなりしんどいことでした。

僕は当時から強く見せていたけれど、反面そんな弱い(自分を否定している)心と向き合っていたのでかなり精神的に病んでいたとも思います。(夜、全然寝れないとか・・・)

今、なぜあんなに病んでいたのかと考えると、 嫌なことや辛いことに遭遇して自分が傷つかないように、いつも警戒してなければならなかったからだと思います。

恐怖の対象物がさっきの、

「クレーム=怖いお客さん」

だと、いつもお客さんにビクビクしなければなりませんでした。

これはかなり苦しいことなのですが、よく考えるとそうしてるのはお客さんではありません。
自分だということに気がつきました。

僕はいろんな価値観があるので、逃げることが悪いことだとは思いません。
しかしそれで解決した問題は1つもなかったのも事実です。

辞めた時は、嫌な上司やつらい仕事からは一瞬逃げられた気になりましたが、次の職場でもまた似たような上司やもっと大変な仕事に遭遇しました。

結局どこに行っても同じなのだと知りました。

嫌なことから逃げようとするから生きることが辛くなる。

僕にとってこれは真実です。
逃げる場所なんて無いし、そもそも逃げられないんだ。

そんな思いで僕はNagasyoを創業をしたとき決めたことがあります。
①決して逃げない!
②どんなことでも糧にする
③最後に一人になってでもやる。

そう決めました。(最初は一人ですけど・・・笑)

逃げないこと、糧にしかしない・・・そう決めた瞬間からクレームや面倒な相手や嫌な出来事は、アドバイスに聞こえ始めました。そして不思議とクレームや問題に対しても、「あっそうか。そうやればいいんだ。」と気づかせてくれることに感謝さえできたこともありました。

今は『何のために』を心の中心にあり、また、”自分が得る量を増やすためには与える量を増やすしかない”という原理原則に気付いてしまいましたからブレることはありません。

自分だけ・・・と考えずに、自分も、相手も幸せになる方法を考える。

そして、
嫌なことからは逃げない。 すべてを糧にする。

僕は嫌な自分の原因をつくる自分自身を見つめながら自分の生きる道を切り開いてみました。

ま~切り開けたのかはわかりませんが、決めた瞬間ラクになったのは確かです(^^)

何を心の中心に置き、何を決めるか。
そのために自分の「幸せ」とはなにか、何のために働くのか・・・そんなことに見つめてみることも大事だと思いますがいかがでしょうか。

 
顔晴ろーーー!
楽しもーーー\(*⌒0⌒)♪
今ココ全力!永井健之(N.Takeshi)

Copyright © 2011-2018 Nagasyo All Rights Reserved.