Nagasyo blog

カリスマ販売員さんから学ぶ2015.08.17

みなさま、おはようございます。

お盆イベント!暑い中それぞれの店舗でイベンターさん達との連携を上手く取りながらよく、最後までよく頑張ってくれていました。

みなさんありがとうございました。

ここ一番の力が本当に素晴らしいですね。これもみなさんの日々の努力のたまものです。本当によく頑張りました。感謝です。

auチームはこれから目標の達成に向けて頑張っていくことになると思いますが、1日1日の実績を確認しながら、目標達成に向けて一人ひとりが数字に向き合って頑張っていきましょうね。正念場です。宜しくお願いします。
さて、突然ですがみなさんは茂木久美子さんという女性を知っていますか?

茂木さんは山形新幹線「つばさ」の車内販売員(今でも現役)で、普通の人がものすごく頑張って得られる実績の5倍売ることでも有名は人です。いわばカリスマ的販売員さんですね。

頑張った人の5倍ですよ、5倍!!
これはスゴイですよね。

昨年に伊予銀行さんとの勉強会で茂木久美子さんの講演を直接聞かせてもらいましたましたが、ある本屋さんで、「人の5倍売る技術」(講談社プラスアルファ新書)が売っていて、ふと見ると茂木さんの著書だったので思わず買って読んでみました。

非常に面白い本でした(^^)

と、そんな風に紹介するとさぞ、口の上手い販売員さんだと思われるかもしれませんが、それはまったく違います。

売りつけるような気持ちで仕事をしたり、無理やり頑張っている人ではありません。とにかく仕事が好きで好きでしょうがない、そんな気持ちが全身から伝わる人なのです。

大切にされているのは人と人のつながり。

「買い物を楽しんでもらおう」と山形弁で話しかけたり、お客様がどんな気持ちでいるのか気にかけて表情を観察したり、ワゴンの商品の配置換えをしたり、もっとお客様とお話がしたいと早くお釣りが渡せるように工夫をしたり、言われた通りにするのではなく、自分のアイディアをどんどん試しながら、独自のスタイルを作ってこられたようです。

また、「人の5倍売る技術」の中に書いてある「販売の技術」はとてもシンプルですが、経験で体得されたものばかりだし、私達の業界を含む他業界でも充分に役立つノウハウがいっぱいだと思います。

ぜひみなさんにも読んでみていただきたいと思いますが、僕がその本の中でいちばん感動したことは、ノウハウもさることながら、その奥にある茂木さんの素直さと仕事を楽しむ姿勢です。

僕たちはとかく「自分が知らないこと」が恥ずかしいと思って人に聞けなくなったり、知ったかぶりをしてしまいますが、彼女は以前から、わからないことがあったら先輩や周りにどんどんと尋ねていったそうです。

わからないことがあることは決して恥ずかしいことではない。
それよりも、わからないことをそのままにして「わかったようなふり」でお客さまに向かうことのほうが不誠実で恥ずかしいこと。

きっと、いつもそんなことを思いながら仕事をしてこられたんだな~と茂木さんの姿勢を見ていると、そんな気持ちになってきました。

お客様の喜びのため、学んだままでなく自分なりに工夫し改善してみる。そうしてお客さまから喜ばれていくとドンドン楽しくなっていき、もっと工夫してみる・・・最高のスパイラルですね。

僕たちもそんな(楽しむ)姿勢を大切にしたいものですねいかがでしょうか。

 

顔晴ろーーー!
楽しもーーー\(*⌒0⌒)♪
今ココ全力!永井健之(N.Takeshi)

Copyright © 2011-2018 Nagasyo All Rights Reserved.