Nagasyo blog

マネジメント・コントロール2015.08.20

みなさま、お元気様です。

この数日、店長や社員さんと会って深い話をしたり、突然の呑みニュケーションを一緒に過ごす機会が続いています。

その中でたくさんの嬉しい話や楽しい話を話をしますが、みあなさんそれぞれ悩みも多く持っています。

それを乗り越えていくことはとても大事なのですが、悩みを早く解決させるためには自分の周りにある資源を有効に使うことが非常に重要です。

僕たちは幸せになる(もっと人生をよくする)ために、自分の周りにたくさんの資源があります。

どんな資源がありますか?

お金、友人、自分、職場、同僚、キャリア担当、上司、時間、自宅、両親、家族、車、PC、スマホ・・・

数えるときりがありませんが資源はたくさんあります。

そんな数多い資源を使って思い通りの人生にしていきたいものですが、中々思い通りになりません。それも問題です。

【過去と他人は変えられない!】

資源の中の自分自身以外は思い通りにいかないものです。
それに多くの人は悩み苦しみます。僕もそうですが・・・

その場合、どうすれば思い通りな人生やより豊かな人生を手に入れられるかを考えると、今ある資源をどう「管理」するのかをしっかり考えることが必要となります。

管理という意味には2つあります。

『マネジメント』と『コントロール』

マネジメントの中で特に人にまつわるとき、それは仲間(部下)が自ら考え動ける場をサポートすることであり、基本的に相手を尊重して細かい仕事の方法やベースなどを任せ、問題や障害が発生した時にそれを解決するために指導やフォローなどを行います。
委譲管理を主体としており、部下の成長を目指しています。
つまり、関わりを深めサポートするということなのです。

コントロールとは、他人や部下を自分の思うように動かそうとする方法です。

コントロールする人は、基本的に自己中心的な場合が多く、その人自身のペースで物事を勧めたり、仲間(部下)の意見を聞こうとしなかったり、意志や気持ちを配慮する事なく業務を遂行してしまいがちです。

僕も以前はそうでしたからよくわかります。

そんなときは、困難なことが発生しないように、問題を起こさないことが最大の価値だと無意識に思っているようです。

このようなペースで仕事を進めた場合、仲間(部下)は何でも上司に聞かないと仕事が進められなくなってしまい、自ら考えて行動することが抑制されてしまいます。

つまり、常に正解を誰かに求め、自分で考えることをしなくなるのです。

また、このような人(上司)に限って、仲間(部下)に無能意識を抱いており、部下も上司のペースに巻き込まれてしまって成長することができないのです。

いかがでしょうか。

あらためて管理を『マネジメント』と『コントロール』に分けて、資源の中で目に見えるもの(車、PC、スマホなど)はコントロール、そして、目に見えないもの(時間、お金(使う用途)、人)はマネジメントという風に意識することが大事だと思いますがいかがでしょうか?

 

顔晴ろーーー!
楽しもーーー\(*⌒0⌒)♪
今ココ全力!永井健之(N.Takeshi)

Copyright © 2011-2018 Nagasyo All Rights Reserved.