Nagasyo blog

死に求め、必死に叩け2015.08.21

みなさま、おはようございます。

昨日は大阪から永井商會とタッグを組んで様々な取り組みをしてくださっている業者さんが来社されました。
これから始まる他に例を見ない異業種連携(地域活性化作戦)や、Nagasyoが来年多くの学生さんや学校とのご縁をつくり、素晴らしい人財を確保すべく企業としての準備がスタートしました。

新しいことへの挑戦にワクワクします。

やることが満載でバタバタですが、一つひとつ120%全力投球で頑張る先にあるゴールをいつもイメージして、ワクワクしながら楽しんでいきます。頑張ります!!!

そして昨日、甲子園での熱い高校野球児の夏が終わりました。
東海大相模(とうかいだいさがみ)が見事優勝しましたね。

東海大相撲(とうかいおおずもう)ではありませんよ・・・似てるけど(笑)

巨人の原辰徳監督の出身校だと思いますが、素晴らしいチームでした。
また優勝するチームの選手たちのコメントはみんな「感謝の念」がこめられていて、自信と謙虚さのバランスが本当に素晴らしいなといつも感心してしまいますね。

『自身と謙虚』

私たち大人は高校生に負けないようにそのバランスを意識していかなければ・・・そう思いましたがいかがでしょうか。
さて、僕は今、社長塾に参加していますが、そこで論語を深く学ばせてもらっています。

ある時、100歳になる伊與田覚先生が僕の尊敬する日創研の田舞代表の息子さん(音羽寿司の社長)に対してこういわれました。

「貴方ね、知識やスキルやノウハウを学ぶことは非常に大事だよ!
しかし、道を求める気持ちが弱いと知識もノウハウも生きて来ないよ」

そう述べられていました。

それを聞き、田舞さんは感動されていました。
そしてこう述べられました。

「本当に伊與田のおっしゃるとおりだと思います。今の時代、中小企業は経営者も幹部も社員も求める気持ちが弱いのです。

1、何が何でも素晴らしい自分になろう
2、素晴らしい経営者になろう
3、地域社会に誇れる会社にしたい
4、もっといい商品・サービスで社会に貢献したい

その思いが弱いからぶれるのです。

「求めよ、さらば与えられん」ですが、

求めていないから与えられないのです。

「門を叩け、さらば開かれん」ですが、

叩いていないのです。

キリストは必死に求め、必死に叩けと言っているのです。

私達注諸企業の戦士こそ、それを肝に銘じて頑張らなくては決して道は開けないのです。みなさん頑張りましょうね。」中略

さあ、いよいよ週末です。
カウントダウンに向かって数字の調整に入っていきます。

求める想いを行動につなぎ、成果結果を生み出しましょう。

 

顔晴ろーーー!
楽しもーーー\(*⌒0⌒)♪
今ココ全力!永井健之(N.Takeshi)

Copyright © 2011-2018 Nagasyo All Rights Reserved.