Nagasyo blog

やるか!やらないか!そのときはやる!2015.08.28

みなさま、お元気様です。

まっすう~、メイちゃん日創研SA研修お幸せ様でした。

3日間の研修は非日常の実験場です。
その中で大いにチャレンジして、深く考え、たくさんのことを気づいてくれた報告をメールで貰いました。ありがとう。

何よりもすばらしいのは、下記のように気づきを具体的な行動(これに挑戦する!ということ)をしっかりコミットしていることだと思います。

☆ まっすう☆
数字から逃げず、先頭に立ってくれている店長をサポートすべく、
大切な仲間と共に本気でチャレンジする!

☆ メイちゃん☆
心前向きに、困難があっても立ち向かい、いつも熱く、明るく意識
し周りによい影響を与える人になる!SCに挑戦する!

みなさんいかがでしょうか。
僕は、謙虚すぎる二人の入社当時をしっているので、こうしたコメントから感じる素晴らしい成長が本当に泣けてきます。

素晴らしい二人の報告から、さらに元気をもらえました。
本当にありがとう。
さてみなさん、二人のコメントにもあった、

「やるか!やらないか!そのときはやる!」

という、この言葉はサントリーの佐治前社長(現名誉会長)の言葉です。

当時のサントリーはウイスキー以外の商品(ビールなど)を一切製造販売せず、ウイスキー一本で勝負している会社でした。

ビールを中心にキリンが圧倒的存在感を示し、そしてアサヒからはスーパードライが新発売され、酒類メーカーはBIG2時代に突入していくわけです。

大きく2社に業績を離されていくサントリーの社内は、ビールを商品化するかしないかが検討され始めます。

しかし、現状でそこそこ利益が上がっているのだからわざわざ苦労しなくてもいい・・・とか、挑戦するリスクは損(マイナス)でしかない・・・という声もたくさんあったようです。

そのときに佐治社長は、こう仰ったそうです。

「ウイスキーという一部の人の幸せづくりも大切だ。しかし、もっと多くの人々が望まれる商品や幸せを感じる商品をつくろうじゃないか。だから、やるか、やらないか、迷ったならばやってやろうじゃないか!損得で考えたり、できるかどうかで考えるのではなく、人々に幸せを与えたいかどうかで考えよう。この厳しい時期だからこそ、やるか!やらないか!そのときはやる!でやってみよう。」
いかがでしょうか。

さあ、みなさんいよいよ8月の総決算!残り3日です。

auチームは土・日本気のイベントですね。

まさに、「やるか!やらないか!そのときはやる!」の精神で頑張りぬきましょうね。

Nagasyoの本気を見せつける3日間のスタートです。

 

顔晴ろーーー!
楽しもーーー\(*⌒0⌒)♪
今ココ全力!永井健之(N.Takeshi)

Copyright © 2011-2018 Nagasyo All Rights Reserved.