Nagasyo blog

共通体験、共通認識、共通理解2015.09.04

みなさま、お幸せ様です。

まだまだ残暑が厳しいですね~
外で少し作業しただけで、汗がドバっと流れてきます。
まだまだ熱中症には気を付けてくださいね。

さて、昨日車で見かけましたが、新居浜や西条市の河川敷では秋の風物詩『いも炊き』が始まっていました。

いいですね~
何年か前に、会議の後で行ったことを思い出しました。
またみんなで行きたいですね(^^)

薄暗い提灯の下で仲間が集まり、とても美味しい同じ鍋を囲んで、共通の話題でワイワイ語り合う【共通体験する】というのは本当に素晴らしい時間を過ごすことができます。

私たちは日々仕事という共通体験を重ねていますが、仕事はお客様や社会の問題を解決することですから、どちらかというと負荷がかかることが多く、体感としては大変なことかもしれません。

しかし、共通の目的や目標を持つからこそ、そんな仕事にも意味と価値を感じ、それぞれのやり甲斐を生み出したり、相手を思いやり、支援しあうようになれるのだと思います。

つまり、目的を明確にして、共通の体験を通しているからこそ共通言語で話ができるようになり、質の高いコミュニケーションが深まり、仕事というものが、お互いの成長を実感できる素晴らしい時間に変えることができるのだと思います。

そして、その中ではじめて共通理解(お互いが相手を思いやること=相互支援)ができるようになり、素晴らしい『場』が創られていくのだと思います。

つまり、

目的の共有→共通体験→共通言語→共通認識→共通理解

ということですね。

さて、現在各委員会の社員さんがあるイベントを盛大に盛り上げていくために一生懸命に手配したり、細かな準備を始めてくれています。本当に感謝です。

イベントなどには必死で頑張ってくれている裏方さんが必ずいます。担当が割り振られていなくとも、支援下さる仲間もたくさんいます。素晴らしいですね。

本当にありがたいことですね。

 
顔晴ろーーー!
楽しもーーー\(*⌒0⌒)♪
今ココ全力!永井健之(N.Takeshi)

Copyright © 2011-2018 Nagasyo All Rights Reserved.